FANTASTIC PLAY
FOOTBALL MALADONA ZIDANE VARELON FANTASISTA BEST GOAL RIVALD TOTTI OSIM
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のサウジ戦総評
先日のサウジ戦は一言で言えば、良かったと思います。
DFラインからのビルドアップパス回し、フィニッシュとすべてのプレークオリティが高く、アウエーで行われたサウジ戦よりははるかにチーム全体の
パフォーマンスが良化しました。田中選手、遠藤選手と主要な選手が外れ、その代わりにフレッシュで野心的な川崎の我那覇、中村といった選手の活躍と遠藤、田中選手のプレーのクオリティの差分は確実によくなりました。つまり、(個人ブログですので炎上、批判覚悟できつい事言いますけど、個人的な応援感情や好き嫌い抜きに純粋な戦力の分析としていってるつもりです。ファンの方は華麗にスルーして下さい。)遠藤、田中選手が代表のブレーキでありガン細胞だったと言うことです。遠藤はここ3戦で格下や同格の相手に決定的なチャンスをメークできておらずプレービジョンが遅く
起用された位置で本来期待されるようなプレーができていなかった事。田中選手はFWとしてチャンスを外しすぎた事、その責を問えば、たとえ、両選手が実力者でもチームのモチベーションをキープし公平な競争原理を働かせるためにはいったんは切る他は考えようがありません。オシム監督の選手選考と起用方法に監督の好みによって偏った人選になっているのではという危惧を今回のサウジ戦で跳ね除け新鋭の我那覇、中村というプレーヤーをレギュラーポジションを争える位置に持っていった事はその他日本代表を目標に努力しているJリーガにもいい刺激になったと思います。細かな戦術点のポイントは、日本代表の現在のあり方はサイドアタックが主流なやり方になるという風に感じました。サウジの両サイドのDFはフィジカルとスピードに欠け、そのためサイドプレーヤーを手放しで評価する事はにしにくいもののチャンスの殆どがサイドから始まりました。つまり決定的な仕事をするFWやOHがいなければ手薄いサイドからアタックを仕掛けるという事になると言うことでしょう。これは強豪と対峙した際にFWのフィジカル、高さの不利が存在するため今後は、松井、中村などの決定的な仕事をするOHの参入を待たないと今の現状では厳しいのではないかと思いました。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

高原選手連続2ゴールおめでとう。
3戦目は残念ながら、ノーゴールだったけど、弱小チームのフランクフルトで得点できるのは実力の証。
高原は日本で唯一のストライカーと形容できる選手。
ヘッド、インサイド、インステップどの形からでもゴールを狙う積極性
は日本人選手に欠けがちな気質だった。
高原のようにFWに先ず求められるのは、ゴールへの執着心とどんな姿勢からでもシュートを狙う積極性でこれがないと、FWとして大成しないね。
日本人のお手本としてこれからも活躍して欲しい。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

カルチョの世界2
サッカーは集団でやるスポーツなので、一人の独善的なプレーで成り立つ
というものではありません。組織的な戦術を理解し、高度に理解した選手
が揃うチームが栄冠を掴むという競技です。
例えれば、サッカーは狩猟に例えらるかもしれません。腕利きのスナイパー
とそれを援護する追い込み役の猟犬と一体となって狩をする。
狩猟の際に、猟犬が意図したタイミングと場所で獲物を追い立てても、
良い結果は得られません。
これと同様に、サッカーでも必然とするべき動作や決まりごとという次元の
レベルのプレーがありませす。
例えば、ゴールキーパーが抜け出したFWと一対一になったらシュートコースを狭めセーブする確立を高めるために飛び出して相手FWへとダイブするといった例や、ゴールキーパーとDFはボールホルダーに対してゴールを背に
対角線上に位置して守備をするという例、そして、自陣のゴールに近い時ほどセーフティなプレーを選択するという例、いずれもその状況下では過去の
経験則などから最善の選択肢として法則化されてます。
センスの良い選手なら無意識のうちに実行してるでしょうし、もし基本的な
戦術を理解してない選手がいたら監督、コーチが指導して改善を促すでしょう。つまり、サッカーのある部分には明確な正解があるという事です。
この正解の部分の範囲が広い人ほど戦術眼に優れているという事です。
ですので、サッカーを考える上で、状況に分けて最善のプレーを研究し
結論を出しておく必要があります。そうしないと、実戦では迷いの生じる
難しい局面で効果的でないプレーをしてしまいチームを敗勢へと導きかねませんから。

そうした前提を基にして考えると、良い監督というのは選手に対して
出来るだけ、状況に応じた最善のプレーを的確に指導できる人なのだと言うことがいえます。ですから、私が言いたい事を別の言葉に換言すると、
期待値という概念でプレーの状況を区分し最善を導き判断の材料の基礎と
するという事です。期待値というのはその状況で一番効果的なプレーを
実行した際に得られる勝率の事です、あるいは得点確率でも、無失点確率
でも良いです。
千葉ナ杯優勝
千葉アマル監督選手を絶賛/ナビスコ杯

【鹿島-千葉】優勝カップを手に笑顔のアマル・オシム監督(撮影・蔦林史峰)

<ナビスコ杯:千葉2-0鹿島>◇決勝◇3日◇国立

 千葉アマル・オシム監督(39)が日本での初タイトルに輝いた。7月に父イビチャ・オシム監督(65)からチームを引き継ぎ、見事に連覇を成し遂げた。

 アマル監督は「勝ったということより、自分たちのプレーができたことに満足している。鹿島にはリーグ戦で4-0で勝ったが、あのときの4倍も5倍もいい試合ができた。今日は90分間、主導権を握ることができた」と選手たちを絶賛した。

[2006年11月3日22時44分]
千葉って強いんだか弱いんだか良く分からないけど、現時点での結果を振り返ると、アマルよりはイビチャ
の方が監督として優秀ということは分かるね。リアルでコネ人事を見せられてるサポーターがかわいそう。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

カルチョの世界
サッカーをプレーする上で、選択肢というか、局面ごとに優先すべき判断
というものがあると思います。
それは、戦術眼と呼ばれあの選手は、戦術眼が良くてチームにいると
パスがつながりやすくなるという風に表現されます。
つまり、戦術眼というのはパスセンスや守備のセンスの事を指すようです。
ボールを保持した際に、先ず優先しなければならないのは、ゴールにつながるようなプレーですので、前線のシュートが打てるような位置にボールを運ぶ必要があります。
ボールホルダーは前線のフリーの選手を先ず目視してフリーならその選手
に出し、マークがきついようなら横パスやその手前にいる選手にパスを出す事を検討します。シュートを打つということが最終目的にしてボールを保持しているので前線にいてかつフリーな受け手がいたら出す事が最善です。
ですから、受け手の選手は前線で出来るだけフリーになれるようにフェイントを駆使してマーカーを引き剥がし、そのコンマ何秒かのタイミングを、見計らって出し手はパスを出します。
この一連のプレーを受け手がマーカーに背を向けた状態で受けたらそれは
楔のパスと呼ばれ、またボールを前向きに(スペースで受ける)受けたら
それはスルーパスと呼ばれます。いずれのプレーも、前者はチーム全体の
ラインを押し上げ圧力をかけ攻撃に厚みを加えチャンスを作りやすくする効果があり、後者はシュートチャンスに直結するビッグプレーに成ります。
この2つのパスを縦パスと呼んで、OHやCHの試合の評価を定めるポイントです。有効な縦パスを何本も通したら、それは優秀なOH、CHといえるでしょう。
中田氏の今
29日付のフィリピン英字紙インクワイアラーは、現役を引退した元サッカー日本代表の
中田英寿氏が、マニラ首都圏ケソン市のスラム街を予告なしに訪れ、子どもたちを大喜び
させたと1面で報じた。

 同紙によると、中田氏は28日、「途上国の問題を理解したい」と希望し、国連開発計画
(UNDP)の案内で、ごみ集積場にできたスラム街、パヤタスに住む家族を訪問し交流。
ストリートチルドレンともサッカーを楽しんだ。
中田氏は「プロの選手時代には見えなかった世界を見たい」と語ったという。

中田氏ってすでに大金持ちなので、資本主義の原理から言えば、モチベーションが喚起されえないだろうから、引退後はよほどの動機付けがないかぎりは自分の趣味に没頭するんじゃないかって思ってた。
ボランティア活動に興味あるという事は今後そうゆう活動をしていくのかも。引く手あまただろうし。何とか親善大使とかに任命されてもおかしくない。まだ29歳で何も仕事しないという方がおかしいか。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

ベッカムの去就
601371.jpg

 [マドリード 30日 ロイター] サッカーのスペイン1部リーグ、レアル・マドリード所属のイングランド代表前主将デビッド・ベッカム(31)は30日、来季もレアル残留を望んでいることを明らかにした。去就問題に注目が集まるなか、記者会見で語った。
 メディアではこのところ、ベッカムが英プレミアシップや米メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のほか、中村俊輔が所属するセルティックに移籍するなどのうわさが出ていた。
 ベッカムは記者会見で「私の未来、私の人生はここにある」と述べ、残留の意思があることを強調。他クラブと契約交渉する計画はないとし、来年1月の移籍を否定した。現在、レアルと再契約について交渉が続いているという。
 ベッカムは今季リーグ戦の8試合中3試合にしか先発出場していない。
(ロイター) - 10月31日18時16分更新
再契約が進めば、レアルに残留か。ベッカムのような攻撃的な選手は
カッペロは重用しないので出場機会は得られそうにないのにな。
試合に出るなら移籍した方が賢明かと。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2005 FANTASTIC PLAY all rights reserved.
テンプレート制作者: Akki(吉祥人デザイン)
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。